喉頭の引き下げ筋も重要である事実が判明

最新報告です。
嚥下反射は喉頭を引き上げる筋肉と同時に引き下げる筋肉も鍛えることで活性化する事実がわかってきました。 
これまで喉頭蓋の動きを呼び起こすため、喉頭を引き上げる筋肉ばかり焦点を当てていましたが、拮抗作用を利用して運動性のアップを促すことができる結果を得たのです。
ただし、引き下げ筋も廃用性萎縮や筋硬度増加により、筋肉そのものが硬くなって動きが少ない状態に陥りやすいので、鍛える前に柔軟性の確保が必須。
これはイチロー選手のトレーニングと同じ概念ですね。
嚥下摂食でお困りの方々の改善の一助になればと願っております。
わたしたちは無意識で食べたり飲んだりしていますが、これって喉の筋肉の霊妙なメカニズムのおかげ。
食事に感謝しましょう。
だって、わたしたちの体は、食べたもので作り上げられているのですから。
最後に、音声音響の研究が多忙で、頻繁かつ定期的に開催できていないことをお詫びしつつ、皆さまのご多幸を心よりお祈り申し上げます。


e0187902_3504920.jpg
 



 
by aida-enge | 2016-07-07 03:52

外皮からアプローチする嚥下改善